恋愛テクニック

BTO理論は全モテない男子が実践すべき事だ!【LOVE理論】

 

この記事では、ネットで恋愛工学を学び、恋愛ノウハウ本を読み漁った筆者が、本当に使える厳選した恋愛テクニックを紹介するものです。

 

突然ですが、あなたは、モテますか?

 

自信を持って、「はい!モテます!」と言える人は少ないのではないでしょうか。

 

こんなクソ雑魚サイトに辿り着いてくれたアナタは、モテるために頑張っていると思います。

 

しかし、大抵のモテない男子は、

 

「あんな女とヤレない」

「付き合うなら橋本環奈みたいな子がいい」

 

などと、寝言をほざきやがります。

 

そんな、モテない男子には、

 

BTO理論

 

を実践すべきです。

 

ざっくり言うと、全然S○Xしてないならブスだとしても抱け!、というものです。

 

女性人権団体が聞いたら、発狂しそうな内容ですが、的を得ている理論です。

 

では、実際に紹介していきますね。

 

BTO理論とは?

 

「BTO理論」とは、「夢をかなえるゾウ」「ウケる技術」などのヒット作品の著者である水野敬也さんが書いた恋愛ノウハウ本「LOVE理論」にて、提唱されている理論です。

 

 

非モテの男性ほど、幻想を抱いて女性を神格化してしまいがちです。

 

そして、何も行動せずに、現実の女性から目をそむける、むしろ、「あんな女とヤレない」とバカにしてしまう。

 

しかし、現実に目を向けることが大事で、

 

「どんな女とでもいいからとにかくセックスする」

「理想にたどり着くために、現実を見る」

 

というのが、LOVE理論作者の水野さんの主張です。

 

また、BTOとは、

 

  • B=ブサイク
  • T=ティーチャー
  • O=オノ

 

のそれぞれの頭文字をとったもの。

 

オノってなんだよ

 

と思う方、まだ焦らないで。

 

水野さん自身も、女への過度の期待をし、神格化していたよう。

 

それを防ぐために彼が最初にセックスした女が「オノ」という名前だったことにあやかってBTO理論と名付けたようです。

 

モテない人ほど、言い訳が得意で行動に移しません。

 

しかし、いきなり理想の女性を抱くのはハードルが高すぎるので、身の丈にあった相手を抱くことで女性に慣れることが大切ですね。

 

BTO理論でモテるようになるの?

 

では、このBTO理論を実践するだけでモテるようになるのでしょうか?

 

結論から言うと、BTO理論の実践だけではモテません。

 

あくまで、BTO理論はモテるための第一歩だと考えて下さい。

 

しかし、この一歩がめちゃくちゃデカイです。

 

アナタの周りに、「コイツ、顔の割にモテてるよな」って人はいませんか?

 

この人って、多分、女性慣れしていて、現実が観れているのだと思います。

 

女性に幻想を抱いて神格化する前に、彼女を作って女性に慣れ、どんどん経験値を稼いだのでしょう。

 

 

逆に、「顔は良いけど、モテないよなぁ」と人もたまにいますよね。

 

この人は、女の子が寄っているけど、理想が高すぎて相手にしないことから、女性経験が全然なく、経験値がたまらず、理想だけが肥大化してしまっているのでは。

 

この分かれ道に立った時に、BTO理論から、一歩踏み出すことができれば、徐々にモテの階段を上がっていけます。

 

いくら知識をつけてもダメ!今すぐ行動に移そう

 

また、モテない人の特徴としては、知識だけ貯めて行動に移せない人。

 

ぼくも、そうだったのですが、今だとネットや本で様々なモテテクニックなどを得ることができます。

 

この記事とかもまさにそうですね。

 

このような知識を得ると、なんとなく自分はモテる人間に一歩近づいた気がします。

 

そして、さらに「こんな女はダメだ」「俺の知識があれば美女も落とせるんじゃ…?」と幻想を抱くようになります。

 

もちろん、知識は持っていることに越したことはないですが、一番大事なのは、行動に移すことです。

 

得た知識を実際に女の子との会話やデートで実践せることで始めて、活きてきます。

 

知識を得て満足するのではなく、街に出て女の子に声をかけましょう。

 

ナンパが苦手な人は、マッチングアプリがありますよね。

 

さあ、今すぐ行動しましょう。

 

まとめ:BTO理論はモテるための第一歩。

 

BTO理論はモテるための大きな第一歩です。

 

モテない人は、行動に移せない人が多いので、今すぐ女性とデートするための行動をしましょう。

 

RELATED POST