マッチングアプリ

マッチングアプリのやりとりに悩んだら。とにかく量をこなして慣れること

 

マッチングアプリって、女の子とのやりとりが、めっちゃ難しいですよね?

 

 

そんな時に、Twitterなどの、「マッチングアプリ攻略ノウハウをnoteで公開!」といった、情報商材を買う前に、自分がマッチングアプリの力量を把握しましょう。

 

 

noteは有用なものもありますが、あくまで武器です。大切なのは、その武器を使いこなせる程の実力があるかどうかです。

 

 

今回はマッチングアプリを活用する上で、慣れるべき事を紹介します。

 

 

これを満たしている人はマッチングアプリ巧者だと思いますので、伸び悩んでいる場合は、自分に合ったnoteを買ってみるのも良いでしょう。

 

女の子とのメッセージに慣れるべし

 

まずは、女の子とのメッセージに慣れましょう。

 

 

アナタは、レベルが高い子ばっかりを狙って、なかなかマッチング出来てない人はいないでしょうか?

 

ぼくもそうでした…。

 

 

でも、最初は質よりも量をこなしましょう。

 

 

うーん、と思うような子にもアプローチをして、メッセージの知見を貯めてください。

 

「こんな感じだと女の子は喜ぶな」、「こんなこと言ったら変な空気なるな」、と様々なパターンを知りましょう。

 

 

女の子には悪いですが、練習だと思って試してみましょう。

 

 

ただし、練習だからといって手を抜かずに、本命の子とやりとりしているような感覚で臨みましょう。

 

女の子から連絡が来なくなることに慣れるべし

 

色んなことやりとりをしていると分かりますが、ガンガンに女の子との連絡が途絶えます。

 

 

はじめは、咽び泣くほど悲しいですが、徐々に慣れていきます。

 

 

自分が致命的なミスを犯してなくとも、連絡が来なくなるので、自分のミスというよりも、女の子の気まぐれの要素が大きいので、気にしないで次に行きましょう。

 

 

この耐性がついていれば、女の子とのメッセージにも余裕感が出るので、徐々に慣れていきましょう。

 

女の子とのデートに慣れるべし

 

続いては女の子とのデートに慣れましょう。

 

 

ハードルを下げて、様々な女の子とメッセージをしていれば、ボチボチとデートの約束も出来てくると思います。

 

 

はじめは、デートの待ち合わせで心臓が爆発しそうになりますが、慣れてくるとなんてことありません。

 

 

また、なるべく同じデートを繰り返すことで、自信をもって女の子をエスコートできるようになります。

 

 

これを何回か繰り返して、デートコースを複数持てば、もはやデートを恐れる必要なしです。ガンガンデートに誘いましょう。

 

女の子から予定をキャンセルされることに慣れるべし

 

ただ、ここまでやってきた人には分かると思いますが、マッチングアプリだと、女の子から予定をキャンセルされることが、めっちゃくちゃあります。

 

(わ…私だけじゃないですよね…?)

 

 

まず、考慮しなければならないのは、ドタキャンをした女の子の、その後の対応です。

 

 

自分から約束を反故にしてしまった場合は、少なからず罪悪感を抱きますので、その後に女の子からリスケの提案があるはずです。

 

 

リスケのリの字も出てこないならば、残念ながら、女の子がデートに前向きではないので、諦めたほうがいいでしょう。

 

 

優しく心配してあげるメールを送りつつも、違う女性に舵を切って、アプローチする方が合理的かと思います。

 

 

ドタキャンされるのは辛いですけど、世間にはもっと良い子が、山ほどいるので、次に向かいましょう。

 

複数の女の子と同時にやり取りすることに慣れるべし

 

複数人の女の子とやり取りすることで、自信にもつながります。

 

 

マッチングアプリに慣れることで、女の子とコミュニケーションを取ることに、余裕が生まれます。

 

 

女の子は、男性が自信を持って、自分に接しているかを敏感に察知していて、自信を持っている男性を魅力的に感じます。

 

 

複数の女性にアプローチしている男性は、チャラい男と、女性に嫌われそうですが、言葉に出さなければ、魅力的な男性に感じます。

 

 

余裕が自信になり、自信が魅力になります。

 

まとめ

 

質重視でアプローチしていた人は、量重視に切り替えてみましょう。

 

 

女の子とのやりとりに慣れてくれば、自然と質も上がってくるでしょう。

 

その上で、伸び悩んでいるのならば、noteなどでノウハウを学ぶのも良いと思います。