マッチングアプリ

【マッチングアプリ体験談】with(ウィズ)でショートカット美女と焼き鳥デート

【マッチングアプリ体験談】with(ウィズ)でショートカット美女と焼き鳥デート

 

この記事では、マッチングアプリ歴7年のぼくの体験談を共有させてもらいます。

マッチングアプリを始めるキッカケや、始めている人の励みになると嬉しいです。

 

使ったアプリはwith(ウィズ)で、withで、初めてデートした相手が、今回登場するショートカット美女とでした。

 

では、マッチングからデートに至るまでの体験をお届けします。

 

歓喜!with(ウィズ)でショートカット美女とマッチング

 

2018年6月

 

ぼくは、初めてwith(ウィズ)をダウンロードして、使い始めました。

 

それまでは完全なるペアーズ教の信者だったのですが、使ってみるとwithにも可愛い子が多いことに気づき、改宗を検討。

 

そんな中で、マッチングしたのが、ショートカット美女!(以下ショート子)

 

女性のスペックは、

 

ショート子

  • 年齢:22歳
  • 職業:雑貨屋さん
  • いいね数:2200

 

マッチングアプリの神様が微笑んでくれた瞬間でした。

 

また、写真を見ると、スタイルも良く、ショートパンツから、すらっとのびた脚が最高でしたね…!

 

どんな手を使ってでも、デートまで漕ぎ着けてやろうと、決心しました。

 

ラッキー!女性から積極的にデートに誘ってくれた

 

メッセージを始めると、丁寧な内容だし、返信も早いし、質問へのリアクションも良いしで、やりとりが楽しいのなんの。

 

そんな楽しいメッセージが5日ほど続いた後に。

 

どんなとこで飲むのか、の話になり、そのタイミングで、ショート子からデートのお誘いをしてくれました。

 

おぉ!マジか!!

 

また、日程調整とお店選びもスムーズに決まり、のんとショート子がお店の予約までしてくれることに!

 

「あ、これもう、俺のこと好きやん」

 

と、今思うと中学生のように浮かれていました。

 

めっちゃウキウキしながら、デート当日を待っていました。

 

緊張!いきなり相合い傘

 

デート当日。

 

緊張しながら待ち合わせの駅で待っていると、こっちに向かってくるショートカットの女性が。

 

実際にあったショート子は、写真よりも肌荒れしているものの、可愛さはそのままでした。

 

また、スタイルは予想以上で、マッチングアプリ内の写真と同じように、ショートパンツから伸びた美脚が素晴らしかったです。

 

その日は、午前中は晴れていたんですが、夜になるとポツポツ雨が降り始めていました。

 

仕事終わりに来てくれたショート子は傘を持っていなかったので、お店まで、ぼくの傘に入って行くことに。

 

スタイル抜群のショートカット美女と相合い傘というシチュエーションに、心臓が飛び出るほどドキドキしてしまい、お店までどうやって来たか覚えていませんでしたね。

 

普段であれば、絶対にない経験が出来るのも、マッチングアプリの魅力です。

 

ありがとう!with!

 

楽しい!焼き鳥屋でも会話が盛り上がる

 

お目当ての焼き鳥屋に着いて、カウンターの席に。

 

カウンターっていいですよね。

 

ぼくは女性と対面で話すのは、緊張してしまうので、カウンターが好きです。

 

また、距離が近くて仲良くなりやすいので、できればカウンターのお店を選ぶようにしましょう。

 

まあ、この時は、予約任せっきりだったんですけどね。

 

料理とドリンクを頼んでから、会話を始めましたが、実際の会話も、まあ楽しいこと。

 

こっちが質問したことに丁寧に返してくれるし、向こうからも積極的に質問してくれるし、リアクションが大きく笑った顔も可愛いし、最高でした。

 

さらに、カウンターだったからか距離感も近いし、絶妙な感じでボディータッチもしてきてました。

 

もはや好きなっていましたね(単純)

 

あっという間に2時間ほど経ってしまいました。

 

2軒目に行きたかったのですが、ショート子は次の日仕事が早いということで、解散することに。

 

デートが好感触だったため、焦ることたぁないと考えて、駅でバイバイしました。

 

謎?デート後に連絡が途絶える…

 

解散後に、デートのお礼と楽しかった旨をメールすると、すぐにショート子からも返信があって一安心。

 

…したのも束の間、それから連絡が来ることはありませんでした。。

 

デートは好感触だったので、正直、何で連絡が途絶えたのか分からなかったです。

 

ただ、今考えると、単純にショート子から足切りをくらったんだと思います。

 

いいね2000以上もらってましたからね。

 

デートで恋愛の話になった時に、モテてている感じはありましたし、マッチングアプリでのやりとりを考えると、積極的に行動できるタイプなので、男性に困っていなかったのでしょう。

 

ぼくとのデートがつまらなかったのではなく(希望的観測込み)、他の男性を超える何かがなかっただと考えます。

 

マッチングアプリを利用していると、似たようなパターンで、謎に女性から連絡がこないことがあります。

 

女性はマッチングアプリで、数え切れないほどのアプローチをされているので、ライバルがたくさんいるのは覚悟しておきましょう。

 

謎に連絡来なくなっても、自分を責めすぎないで、他の男に行ったんやなぁ、くらいに思って、自分も次の女性に切り替えるのが大事です。

 

まとめ:女性に主導権を握られていると失敗する

 

今回のデートでは、終始、女性に主導権を握られていたのが、良くなかったです。

 

また、自分が悪いのですが、浮かれすぎたのもダメでしたね。

 

もう少し余裕のある態度で女性と接することができれば、また違った結果になったかもですね。

 

ただ、ショートカット美女とデートできたのは、単純に楽しかったので、改めてマッチングアプリの魅力を感じたデートでした。

 

RELATED POST