マッチングアプリ

マッチングアプリでのデートは奢るべき?割り勘でも大丈夫?

 

マッチングアプリでのデートで、奢るべきか迷いますよね?

 

 

実際に奢るか割り勘でも良いかは、よく議論になるテーマです。

 

 

結論から言うと、奢るべきだと考えます。

 

 

私は高級店には行かないので、2人でも高くて10,000円くらいで収まります。

 

 

毎週のようにデートに行くわけでもないので、たまのデートなら奢っても、ちょっと財布が痛いかなぁ、くらいですね。

 

 

この記事では、奢ることによるメリットを紹介していきます。

 

初デートは奢ろう

 

まず大前提として女の子はデートで男性に奢って欲しいと思っています。

 

とくに初デートなら尚更のことなので、奢るようにしましょう。

 

 

初デートが割り勘だった時に、女性は払った代金にガッカリするのではなく、初回デートですら奢ってもらえなかった己の不甲斐なさを悲しみます。

 

 

奢られないとブチ切れる乞食は論外ですが、奢ったことで素直に感動するイイ子も存在するので、基本的には奢りましょう。

 

次のデートにつなげることができる

 

初回デートで奢ることによって、次のデートに誘いやすくなります。

 

 

女性は奢ったことに対して、お礼を言ってきてくれると思うので、そのタイミングで、次のデートの約束をしたり、次のお店を少し払ってもらう約束で2軒目に誘うことも出来ます。

 

 

私がよく使うのは、1軒目のご飯や居酒屋で奢って、2軒目はカフェに誘って、そこでは女性に奢ってもらいます。

 

 

奢ってもらうことに抵抗がある女性もいるので、心理的な負担も軽減させてあげることにもつながります。

 

デート後の反応をみよう

 

奢ったならば、デート後の反応をみてみましょう。

 

 

そのデートの帰り道では自分からメールを送らないで下さい。

 

 

恋愛コラムなどでは、「絶対男性がメールを送るべき☆」と書いてありますが、無視して下さい。

 

その後にお礼メールを送られなかった場合は、自分の力量不足でデートがクソつまらなかったか、相手の女性が奢られたことに感謝できない不届き者です。

 

 

いずれにせよ今後はないので、気にせずに次の女性に舵を切りましょう。

 

 

ただし、相手を避難するだけでなく、デートがつまらなかった説も考慮して、改善は行うのも忘れずに。

 

2回目のデートは奢っても割り勘でも良い

 

少なからず、女性も楽しんでくれたので、2回目のデートに来てくれています。

 

 

初回デートでは、女性に気があることをアピールする意味でも、奢ることがワークすると思いますが、2回目では、居心地の良さや会話が合うなどが大事になってきます。

 

 

2回目からのデートでは、お互いの価値観を確認していくことが大事なので、少し背伸びしてしまった初回デートよりも、より自分を出したほうがいいです。

 

 

もし付き合ったら、奢る奢られるなんて、ささいなことを気にしないと思うので、長期的な関係になるためにも、気にしないほうがいいです。

 

奢るのに躊躇する相手とはデートに行かない方が良い

 

日頃からデート時に奢るようにしていると経済的ダメージが大きく、奢ったことに不満を持ってしまうケースもあると思います。

 

 

それはデートした相手が自分とあっていなかったので、それ以前のリサーチ不足が原因でしょう。

 

 

女の子とデートした過ぎて展開を焦ってしまったり、違和感を感じながらもデート当日を迎えたというパターンかと思います。

 

 

とりあえず会ってみる思い切りも大事ですが、会う前にリサーチできる部分もあるので、奢っても不満に感じないかを、イメージしておくことも大事ですね。

 

まとめ:初回デートはおごったほうが無難

 

初回デート、少なくても1軒目は奢りましょう。

 

その後は割り勘でも問題ありません。

 

より大切なのは、女性と楽しい時間を過ごすことなので、気にしすぎないで行動するようにしましょう。