マッチングアプリ

美人受付嬢と、デートした話【with(ウィズ)】【マッチングアプリ体験談】

【マッチングアプリ体験談】美人受付嬢と、デートした話【with(ウィズ)】

 

 

この記事では、ぼくのマッチンアプリ体験談を話します。

 

今回は、ナメられたら、そこ試合終了ですよ、って話です。

 

 

2018年4月

 

 

With(ウィズ)で、24歳の受付嬢とマッチングしました。

 

 

マッチングアプリの写真は微妙だったので、そこまで期待していなかったのですが、実はイベントコンパニオンもしている美女でした。

 

 

マッチングアプリでは、写真を超えてくる子もいるんだ、と再認識しましたね。

 

 

では、今回のデートとその反省を共有していきます。

 

 

女性のプロフィール:受付嬢にしては、可愛くないですねぇ

 

マッチングした女性のプロフィールは、

 

  • 年齢:24歳
  • 職業:受付嬢
  • いいね数350

 

 

ショートボブヘアーが似合っている受付嬢の女性でした。(以下、受付子)

 

 

しかし、マッチングアプリの写真は、少しもっちゃりしていて、そこまで可愛くない印象。

 

 

また、掲載されている顔がわかる写真は1枚だけで、そのほかは旅行先の景色の写真のみ。

 

 

そのためか、いいね数も、そんなに多くありませんでしたね。

 

 

マッチングアプリでは、男女ともに写真の豊富さが、いいね数の高さを決めます。

 

 

特に顔写真は重要なので、バストアップで顔がはっきり分かる写真・全身が写っている写真・笑顔で写っている写真、などなどを載せるようにしましょう。

 

 

逆にライバルが少ない女性を狙いたいのであれば、写真を1枚紙か載せていない女性に絞るのも戦略ですね。

 

 

ただし、キセキの1枚の可能性が高いことは承知しておいてください。

 

女性とのやりとり:余裕のある態度が刺さった模様

 

受付子は、写真が1枚だけで、さらに微妙だったことから、全然期待していませんでした。

 

 

そのため、やりとりの優先度は低く、他のやりとりしている女性への返信が終わっていて、返す気力がある場合にだけ、連絡していましたね。

 

 

本当は全員にマメに連絡するべきなのでしょうが、いかんせん大変ですよね。

 

 

ただ、この連絡頻度の少なさが、逆にワークしたようです。

 

 

というのも、受付子は、現実の世界では、オフィスに来るハイスペックサラリーマンから連絡先を渡されるほど、モテモテだったよう。

 

 

マッチングアプリを始めたキッカケも、友人が始めるのに1人じゃ心細いということで、付添という形で始めたらしいです。

 

 

なので、現実のLINEではウザいほど男から連絡が来るのに、マッチングアプリでは、全然返信が来ないことに、ギャップを感じ、気になったくれた様子。

 

 

むしろ、受付子から積極的に連絡が来て、デートの提案もされました。

 

予定を合わせてデートに行くことに。

 

 

複数の女性とやりとりすることで、余裕を持った対応になり、その余裕がモテにつながるので、アナタも「連絡返すのダリィなぁ」くらいのマインドでいましょう。

 

女性とのデート:焦ったことによりパワーバランスが逆転

 

デート当日

 

場所は渋谷

 

待ち合わせに現れた受付子は…

 

 

めっちゃ美人でした!!

 

しかも、巨乳!!!

 

 

ワイ
ワイ
おいおいおいおい、写真と違いすぎるやんけ!

 

と、嬉しいよりも驚きが勝ってましたね。

 

しかも、期待していなかったので、お店も予約しておらず、慌てふためきましたね。

 

とりあえず、いい感じの和食店に電話して席を予約。

 

お店に向かうまでの道を並んで歩くだけでも幸せでしたね。

 

しかし、お店にトラップが。

 

隣のテーブルに、若い男性グループが騒いでいました。

 

変な客はいなさそうなお店だったのですが、大誤算でしたね。

 

もともとは、サークルの友達同士が、久しぶりに集まっていたようですね…。

 

うるさすぎて、会話丸聞こえでしたわ。

 

受付子も引いていましたね…。

 

このままではまずいと、ぼくが、なんとか盛り上げようと必死になっているのも、メッセージの感じとギャップがあったよう。

 

だんだんと受付子の中で、ぼくのポイントが下がっていっているのが分かりましたね。

 

楽しく話せたとは自負していますが、アプリでのやりとりのパワーバランスは、逆転しました。

 

お店を出てからは、一か八か手をつなぐが、相手からの握り返しはなし。

 

カラオケ打診するものの、「奢ってくれるなら行く」と完全に舐められてましたね。

 

それでもカラオケに行くところが恋愛弱者ですわ。

 

その後もラインは続けるものの、受付子からフェードアウトされてしてしまってTHE END

反省と対策

 

今回の反省として、まず良かった点。

 

余裕のある態度で接することができたこと。

 

普段からモテている女性ほど、男性からの食いつきが低いと、他のやつとは違うと思ってもらえて、逆に男性への食いつきが上がります。

 

なので、美人にこそ、余裕のある態度をとって、こちらが主導権を握るようにしましょう。

 

ただ、今回のケースでは、相手が可愛くないと思っていたからこそ、余裕のある態度で接することができたので、今後は、美人にも狙って余裕感を出せるようにしたいですね。

 

続いては、悪い点

 

奢る前提でカラオケに行ってしまったこと。

 

結果的に奢るのは問題ないですが、奢りありきで一緒に行くのは、キャバクラと変わりませんからね。

 

完全にナメられていたので、一歩引くべきでした。

 

今後の対策を考えると、

 

大前提として、ナメられないように、余裕のある態度で接することが一番ですね。

 

ただ、それでもナメられてしまった場合。

 

1度、財布認定されてしまうと、そこからの巻き返しは難しいので、基本的には損切り。

 

どうしても、またデートに行きたいならば、関係を再構築するつもりで、期間を空けるべきでしょう。

 

まとめ:美人には余裕のある態度が効果的!

 

美人であっても、余裕のある態度はワークするよ。

 

むしろ、普段モテている分、ハマれば効果的ですね。

 

また、ナメられるのは良くないので、絶対避けるべきです。

 

 

それでも、ナメられた場合は、非モテコミットしないように。

 

RELATED POST