マッチングアプリ

【マッチングアプリ体験談】Hカップギャルに負けた話【ハッピーメール】

【マッチングアプリ体験談】Hカップギャルに負けた話【with(ウィズ)】

 

 

この記事では、ぼくのマッチンアプリ体験談を話します。

 

今回は、グラマー女子を逃したらダメージデカイよ、って話です。

 

2020年10月

 

 

ハッピーメールで、グラマー女子とマッチングしました。

 

 

イメージ的には、この女性のような感じ。

 

 

 

過去の記事で「グラマー女子はお持ち帰り余裕~」とか調子乗ってたのに負けましたねぇ。

 

 

巨乳が改札に吸い込まれていく姿は、めっちゃ悲しかったですわ。

 

 

どんな感じだったのかを紹介します。

 

女性のプロフィール:Hカップの美容部員

 

マッチングした女性のプロフィールは、

 

  • 年齢:26歳
  • 職業:美容部員
  • いいね数:1,500
  • その他:Hカップ

 

 

写真はガチガチに加工してましたが、体型設定はグラマー。デートの時に聞いたのですがHカップらしいです。(以降、グラマー子)

 

 

プロフィールの写真から谷間を強調していたので、マッチングしたときは、めっちゃ興奮しました。

 

 

正直、ガチガチに加工している女性は会った時にモンスターが来る可能性がありますが、

 

 

巨乳好きの僕からしたら、グラマーなら顔なんて関係ないぜ!って感じですね。

 

 

これを見てくれているアナタはもっと慎重に選ぶことをオススメします。

 

 

また、ハッピーメールは、可愛い巨乳女子がいっぱいいるので、オススメですね。

 

 

/今なら1,200円分のポイントがもらえる!\

/PCの方もここから(無料登録1分で完了)\

 

女性とのやりとり:メッセージはダメダメ、電話はいい感じ

 

グラマー子とのメッセージは、死んでましたね。

 

 

マッチング後に2ラリーくらいしただけで、その後は全く返信はなし。

 

 

「この、おっぱいは逃したくない…!」との煩悩から、何回か追撃したけど無視。

 

 

アプリの有効期限も迫っていたので、ダメ元でライン交換を打診すると、なぜかOKでした。

 

 

ただ、ラインに移行したからといって改善することはなく、すぐに連絡が途絶えちゃいましたね。

 

 

2~3週間後に、酔った勢いで電話打診をすると、意外にも承諾してくれました。

 

 

全然やりとりしてなかったので、「会話大丈夫かなぁ」と不安でしたが、グラマー子は電話では割とテンション高めで盛り上がりましたね。

 

 

話を聞いてみると、アプリは、キモいメッセージばっかりで悪いイメージらしく、全然使ってないとのこと。

 

 

「(お前がおっぱい強調してるからじゃね?)」とも思いつつ、「大変だねぇ」と共感しましたね。

 

 

前回アプリであった男性が、いきなりHUBに連れて行くヤバイやつだったらしく、悪口で盛り上がりました。

 

 

アプリで会った変な男の話で盛り上がれば他の男性との差別化になり、仲良くなるキッカケなので、話してみてもいいですね。

 

 

盛り上がった流れから飲みに行く約束をしました。

 

 

あそこまでの死亡具合から、デートまで行けたりするので、諦めない精神が大事ですね。

 

 

女性とのデート:いい感じで家打診するも玉砕…。

 

 

デート当日、場所は三軒茶屋

 

 

三茶はグラマー子の家から歩ける距離ということで、テンションMAXでしたね。

 

 

待ち合わせ場所に現れた、グラマー子は…

 

 

おっぱいバインバインのギャルでした。

 

 

といっても、顔を確認したのは、居酒屋でマスク取った後ですけど…笑

 

 

正直、顔は写真よりも劣りますが、おっぱいのバインバインさはエグかったですね。

 

 

アプリの写真のように谷間ガッツリ相手はいなかったですが、胸の膨らみはスゴかったです…!

 

 

赤提灯系のお店が好きということで、三角地帯の居酒屋へ。

 

 

路地裏の入り組んだ場所にあるので、知っているだけで通ぶれるのがすこ。

 

 

そんなこんなで飲み始め。

 

 

グラマー子は始めはツンとした感じだったのですが、お酒が入ってくるとだんだんと笑ってくれるように。

 

 

打ち解けてきたタイミングで過去の恋愛話に。

 

 

大学時代はかなり遊んでいたようで、週2で「相席屋⇒クラブ」コースで暴れたみたいです。

 

 

 

最近は落ち着いたと言っていましたが、「最近いつHしたの?」と聞くと、「2~3週間前…」とのこと。

 

 

 

ただ、そこまでそっち系の話に乗ってこなかったので、食いつきは微妙な感じ。

 

 

 

お店を出て、ハンドテストをしようとするも、グラマー子の両手がふさがっていたので、タイミングが掴めず。

 

 

ぐるぐると街をさまよっていると、グラマー子が「トイレ行きたい!」と。

 

 

「お酒買って、どこかで飲む?」と打診すると、「うーん…」とイエスともノーとも言わず。

 

 

「まだ仕上がってないかも」と思い、とりあえず駅前のビッグエコーに行くことに。

 

 

カラオケで仕掛けようかと思いましたが、盛り上がってしまい、飲みまくってしまいました…。

 

 

「(まぁまぁ、こんだけ盛り上がれば家打診OKやろ)」と高をくくってました。

 

 

ビッグエコーを出たタイミングで、「もうちょっと一緒にいたいから、家行っていい?」と聞くと。

 

 

「あ、ウチ弟いるからダメだよー」とのカウンターが。

 

 

思わぬ回答に狼狽してしまいました。

 

 

本当ならここであっさりと引き下がるべきだったのですが、Hカップを揉みしだく予定だったので、しつこく誘ってしまいました…。

 

 

グラマー子も必至さに弾いていた感じ。

 

 

泣く泣く家路につくことに…。

 

 

別れてからはお礼ラインも来なくて、死んだっぽいですね。

 

 

まとめ:家・ホテル打診を断れたら、しつこくしないことが大事

 

 

今回の反省としては、家打診後のキモい粘りが良くなかったですね。

 

 

本当に弟と住んでいるからはさておき、ガチグダだったのを察するべきでした…。

 

 

打診したことは良かったので、その後の対応は次回に活かしたいですね。

 

 

家・ホテル打診後に粘ってしまうと、一気に非モテ感が増して、女性から嫌われちゃうので気をつけましょう。

 

ただ、ハッピーメールは巨乳女子が多いことは事実なので、巨乳好きの人はまずは無料登録しちゃいましょう!

 

 

/今なら1,200円分のポイントがもらえる!\

/PCの方もここから(無料登録1分で完了)\